TOMIZおすすめ!売れ筋小麦粉を食べ比べてみました!

みなさんこんにちは!

今日は盛りだくさん!小麦粉のことを書いていきたいと思います。


ふと、とある社員からこんな事を言われました。

「木下さんの生地って、小麦粉毎に記事を書いてて分かりやすいんですが、食べ比べとかってしないんですか?


なんという盲点…!


そうか、毎回小麦粉を紹介するときに

「是非食べ比べてみてくださいね!」とは書いていても、

肝心の自分が食べ比べをしていないじゃないか…!


ということで、さっそく実行しました!


とはいえ、残念ながら私はパンを上手く焼けないので、TOMIZ×cuocaSTUDIOの方に、

比べたい小麦粉だけ変えて食パンを焼いてもらいました!


具体的にいうと、

比べたい小麦粉(50%)+タイプER(50%)の割合で全てつくってもらっています。

タイプERを入れることによって、パンをより膨らむような仕上がりにしてくれるんですよ!


お忙しいのに、快く引き受けて頂いた、スタジオスタッフの皆さんありがとうございます!


今回食べ比べた小麦粉は全部で4種類です。

春よ恋

こちらの4種類で焼き上げたパンを食べ比べてみました!

そして焼きあがった食パンはこちら!

(左から:キタノカオリ、はるゆたか、春よ恋、ゆめちから)


こうやって見ると若干のふくらみや色に違いがありますね。

断面はこちら!

色や膨らみも断面をみると分かりやすいですね!

さっそく食べてみました!!


ちなみに、今回は全種類の食パンを

「そのまま」と「トーストしたもの」で食べ比べてみました!

まずは、キタノカオリからいざ実食。


【キタノカオリ焼いていないver.】

私はやはりキタノカオリが一番好みの味ですね!

はるゆたかと食感のもっちり感はとても似ていますが、こちらの方がややしっとり。

色味も小麦粉の時点でやや黄色い見た目もしていて、最も特徴的です。

【キタノカオリトーストver.】

小麦以外の味を何か足しているのでは?と思うほど香りが際立って美味しいです!

ただ、小麦の味そのものを味わうのであればトーストしない方がおすすめです!


【はるゆたか焼いていないver.】

パンを手でちぎった感覚が1番しっかりとしています。

もっちり感はキタノカオリととても似ていますが、

サンドイッチに挟むパンのような歯切れの良い食感というよりは、

ジャムやバターと一緒に食べることおすすめですね!

【はるゆたかトーストver.】

ゆめちからの次にシンプルな味わい。何にでも相性抜群です♪

もっちり感など、特徴を生かすならトーストしない方が味わえます。


【春よ恋焼いていないver.】

はるゆたかのような、パンを手で割いた時の生地のしっかりとした感覚はなく、

フワッとしています。

フワッとした生地ですが、食べた時のもっちり感はこの4種類の中でもNo.1です!

【春よ恋トーストver.】

小麦の風味がそのままで、フワッとした生地感はそのまま食べるよりもやや劣ります。

生地のもっちり感が保たれており、

トーストした時の違いが最もないパンです♪


【ゆめちから焼いていないver.】

春よ恋と似ていて、生地はフワッとしています。

味は、この4種類の中で1番あっさりとしていました。

たっぷりの具材をサンドしたりしたパンには、ゆめちからに勝るものなし!といった味ですね!

【ゆめちからトーストver.】

焼いたパンでも4種類の中で最もあっさりしています。

この季節でしたら、具材の味を活かしたパンとして

ホットサンドやパンシチューなんてピッタリじゃないでしょうか!


どのパンも食べましたが、

並べて食べると、少しずつ違いがありますね!!

自分で実際にこうして食べ比べてみるとより違いに気づかされました。

※撮影は夏でした!笑


食べ比べの意見や好みはあくまで人それぞれですので、

是非この意見も1つの参考にして、

自分の推し小麦粉を見つけてくれると嬉しいですね!

それでは、今回はここまで!


またお会いしましょう!!

TOMIZ BLOG -小麦粉・バターの品揃え日本一!-

おかげさまで創業100周年。 お菓子/パンの材料・器具の専門店TOMIZ(富澤商店)がお送りする、 食材ブログ「TOMIZ BLOG」(通称とみログ)です。 TOMIZ・cuocaの人気商品、お菓子やパンレシピなどを随時お届け! 人気のCHIYODA型の開発情報も!?