イーグルとはるゆたかを焼き比べ|おすすめパンレシピ

みなさんこんにちは!

今回の記事は少し前に書いた、【春よ恋の焼き比べ記事】

みなさんにご好評だったので、急遽第二弾が決定しました!


自分もそうなのですが、

やっぱり小麦粉を選ぶときって

「どういう焼き上がりになるのか?」

「どういう食感のパンになるのか?」が、

とても重要になりますよね。


前回の記事が好評だったのはそういうところが気になる人が多いのかなぁ~と、思ってます^^

ということで、張り切って第二弾を書きます!


今回焼き比べをするのは「はるゆたか」と「イーグル」です!


はるゆたか

国産小麦と外国産小麦でどのような違いがあるのか?

TOMIZ×cuoca STUDIOのスタッフに協力頂きました。

いつも本当にありがとうございます!!


まずは、


「はるゆたか」と「イーグル」で山形食パン(※画像は断面です)を焼いてみました。

正直、「あれ?あまり膨らみに変わりがない…」と思いました。

ですが、これ。よくよく考えてみるとすごいんですよ!


イーグルは外国産小麦でもグルテンが強く、
焼きあがりのパンがふわっとするところが特徴です。

その外国産小麦の特徴である「ふくらみ」に関して、
「はるゆたか」が全く劣ってないのです!!


国産小麦でもここまで膨らむのはとても素晴らしいことなのです^^

さすが、【製パンに向く小麦】として生まれただけある小麦ですね。


ただ、見た目のふくらみは一見同じに見えたとしても、

食感は全くの別物で、

イーグル:膨らむ。食感「フワッ」

はるゆたか:膨らむ。食感「もっちり」

と差があります。


はるゆたかの「もっちり」感は作っている途中でも

生地がお餅みたいになるところも特徴ですね!


最近話題の「生食パン」なんかは食感が「もっちり」しているので

似た食感を楽しめるのではないでしょうか^^?


そしてそんな特徴のはるゆたかは、ベーグルにしても美味しいですよね♪

さっそく焼き比べをしてみました!

↑焼き上がり

↑断面

ふくらみに少しだけ差が出ましたね!

切った断面も気泡の数や大きさに違いがあります。


はるゆたかの方が気泡がおおく、イーグルに比べて「しっとりもちもち」な仕上がりに。

 

イーグルの方がはるゆたかよりも、

みっしりと生地がつまっていて歯切れの良い仕上がりになりました。


好みはもちろん人によってさまざまですが、

私は「もっちり」食感が好きなので、

ついついはるゆたかを選んでしまいますね♪


他にも、はるゆたかの食感を活かしたレシピがこちら。


ブルーベリーベーグル

どのレシピも、「しっとり もっちり」が感じられ、

はるゆたかの良さが出ているレシピです^^


ミルク食パンは私も挑戦してみましたが、食べてみると小麦の甘さも感じられ、

やみつきになる食パンでした…!

そして絶対また作ろうと心に誓いました。


イーグルで是非作っていただきたいレシピもありますよ♪

基本のバターロール

さて、いかがでしょうか^^?

はるゆたかとイーグル、どちらも食感に違いがあり、

どちらも素敵な小麦粉です!

焼き比べってなかなか普段じゃできないものですし、

是非これからのあなたのパン作りの参考にしてくれると嬉しいですね^^


それでは今回はここまで!

次回はながおさんです。

お楽しみに!

TOMIZ BLOG -小麦粉・バターの品揃え日本一!-

おかげさまで創業100周年。 お菓子/パンの材料・器具の専門店TOMIZ(富澤商店)がお送りする、 食材ブログ「TOMIZ BLOG」(通称とみログ)です。 TOMIZ・cuocaの人気商品、お菓子やパンレシピなどを随時お届け! 人気のCHIYODA型の開発情報も!?