【決定版】バターコーヒーの作り方・飲み方はコレ!

ええと、タイトルを見て「あれ?2回目?」って思った方、そのとーりです!
実は今年の2月にもこんなブログをかいております、
ええ、まぎれもなくワタクシながおが。

だから「書いたことわすれて2回目」ってわけじゃーありません。

このテーマでのリクエストをもらったコトと、
大切なバターなので2回目の登場です、っていうそういう記事ですからね!!


というわけで、この「バターコーヒー」のお話をするうえで外せないのが、
前回の記事の際にも登場したこちら。

ニュージーランド産 グラスフェッドバター / 1kg

外国産バターらしく、おシャンティーな黄色いパッケージが印象的ですね。

そしてあわせて手に入れておきたいのがこちら。

スペシャルティコーヒー

「スペシャルティコーヒー」というのは、
コーヒーのなかでも、スペシャルティコーヒー協会が独自に定めた基準で、
80点以上を獲得したコーヒーのみが
その名を名乗ることができるとのこと。

ということで、前回もここまでのお話はしたとおもいます。


そしてさらに「バターコーヒー」をパワーアップさせるためのアイテムがあります。
ひとつがこちら。

仙台勝山館 MCTオイル / 360g

このMCTオイルは中鎖脂肪酸油ともいわれていて、
ココナッツオイルや母乳などに含まれる、天然成分なのがうれしいポイント。

その他にも、5つのうれしいポイントがあって

うれしいポイント その1)体脂肪に蓄積しにくい。
うれしいポイント その2)消化吸収が早くすぐエネルギーに転換されやすい。
うれしいポイント その3)考えるための脳のエネルギー源としても◎!
うれしいポイント その4)安定性が高く劣化しにくい。
うれしいポイント その5)香も味もないから、料理や飲み物に入れやすい!


だから、サラダに塩と一緒に掛けてドレッシングがわりにしたり、
スープや焼き魚にかけてもOK。

そしてもちろんバターコーヒーにも!というわけなのです。


そして、このMCTオイルをつかった、バターコーヒーのレシピがこちら。

ふむふむ。
で、朝食を、このバターコーヒーに置き換えればいいんです。
良質な脂質のみで、炭水化物は含まれていませんし、
腹持ちもよく、おなかが減らないんです。

また、脂肪の燃焼を効率化させてくれる効果があるので、
「ダイエットに効果的!?」といわれているんです。



そしてもうひとつご紹介しておきたいのが…
やっぱりすでに一度とみログで紹介しているこのバターです。

って、こちらの記事でも軽く紹介していましたね。
いわゆる「すましバター」であるこのギーも、
グラスフェッドバター同様に
非常に良質な脂肪なので、こちらもバターコーヒーに使いやすいバターなんです。
なのでこのバターコーヒーについては、バターの代わりに使ってみてくださいね。

GHEE(ギー) / 212g


とはいいましたがやはり、「グラスフェッドバター」で作るバターコーヒーが一番人気のようですね。
そして実はなんと!このニュージーランド産 グラスフェッドバター / 1kgですが、入荷量が増えています!!だから、よりたくさんの方にもお使いいただけると思います♪

また、当たり前ですが、食塩不使用のバターです。
1kgとたっぷりサイズなので、
もちろんバターコーヒー以外にも、パン作りにお菓子作りに大活躍しますからね。

少し個性のあるしっかりした味わいなので、
このバターで作るクッキーも、なかなか美味しいんですよ♪


ちなみに、バター同様に、すこし黄色が強めにクッキーにでてくるのが特徴です。

というわけで、バタークッキーでもかじりながら、今回は終わり!

なんとか最後はバターブログらしくおわりましたね~。
というわけで、また来週は小麦粉のお話が飛び出してくるのでしょうか。

どうぞお楽しみに!!


TOMIZ BLOG -小麦粉・バターの品揃え日本一!-

おかげさまで創業100周年。 お菓子/パンの材料・器具の専門店TOMIZ(富澤商店)がお送りする、 食材ブログ「TOMIZ BLOG」(通称とみログ)です。 TOMIZ・cuocaの人気商品、お菓子やパンレシピなどを随時お届け! 人気のCHIYODA型の開発情報も!?