【完全無欠ダイエット】話題のバターコーヒーにおすすめのグラスフェッドバターはこれ!

そんなながおが「ダイエット!?」と聞いて
おもわず手にとってしまった本とバターのお話を今日はしたいとおもいます。

あるTOMIZスタッフが、上司にすすめられた本のなかで
とりあげられていたのが「バターコーヒー」。
(ちなみにそれをながおはさらにすすめられました!)


そしてその「バターコーヒー」をつくるためにおすすめのバターが、こちら!

「あれ?グラスフェッドバターといえば…前もとみログにでてこなかったっけ?」と
記憶力良いとみログ読者さんは覚えているかもしれませんね。

いえす!そうです。
第1回目のとみログでも少しお話した、「なかほら牧場のグラスフェッドバター」
もですが、
「グラス(牧草=grass)」のみを与えられて育った(=fed)」という意味のバターです。

このバターもですねぇ、ぴろーん(パッケージあける音)と中をみると…


あ、ちなみに↓は比較のためにとあけてみた、カルピスバター(食塩不使用)です。

見た目だけでも、こんなに違うんですよ!なかなか面白いですよね♪

これは、牧草のなかにたくさん含まれているカロテンの色素の影響です。
牧草をたくさん食べて育った牛の乳に含まれるため、
こうやってバターの乳脂肪分にも出てくるのです。


そして、グラスフェッドバターの味にも
「しっかりクリーミー」さが出ているので、
目隠しをして通常のバターと食べ比べてもすぐわかるんです。
(この味の違いは、なかなか面白いので、
ぜひ購入した暁には、
お友達と一緒にぜひふつうのバターと食べ比べてみてくださいね!)

というわけでグラスフェッドバターと、
通常のバター(ちなみにグレインフェッドといいます!)を
まとめて購入したいかたは、
只今開催中の「バターまつり」を活用することをおススメしま~~す♪
もれなく100ポイントプレゼント!!

…おっと!!話がそれました…。


さて、そしてグラスフェッドバターの特徴のもうひとつは、含まれている栄養素。
もともとバターには
人間にとって必要な脂肪残や脂溶性ビタミンが含まれているのですが、
量にしても、種類にしてもグラスフェッドバターのほうが豊富なのです。

じつはわたしがニガテな青魚などに含まれている
(こどもか!とツッコまれそうですね)
オメガ-3脂肪酸(DHA、EPA)をたくさん含んでいたり、

逆にオメガ-6脂肪酸(揚げ物やカップ麺などに含まれる油の大半…)の割合が低いので、
とっても良質な脂をとることができるんです。

そして、「バターコーヒー」というからには…ということで必要なもの その2が
「スペシャルティコーヒー」と呼ばれるコーヒー。

ごめんなさい!!!
コーヒーのことまで説明していると、日が暮れてしまうので、今日は説明は省かせていただきますが、

ぜひこちらのページから「スペシャルティコーヒー」についてもチェックしてみてくださいね。


というわけで、ながおの明日からはじめるダイエットについては…
TOMIZスタッフ&上司おすすめの本を読むところからはじめてみます!
うん。この1ページを開くことでダイエットに・・・(←なりません!!)



はい!来週は「ダイエットなんか不要だぜ!」という
イケメン小麦粉博士が登場します。

どうぞお楽しみに~~~♪

TOMIZ BLOG -小麦粉・バターの品揃え日本一!-

おかげさまで創業100周年。 お菓子/パンの材料・器具の専門店TOMIZ(富澤商店)がお送りする、 食材ブログ「TOMIZ BLOG」(通称とみログ)です。 TOMIZ・cuocaの人気商品、お菓子やパンレシピなどを随時お届け! 人気のCHIYODA型の開発情報も!?