強力粉【キタノカオリ】は味がすごい


お久しぶりですね。




みなさんお盆休みは何してましたか?

私は愛犬と遊んだり、愛犬と遊んだり、

ジョギングしたり、愛犬と遊んだりしてました。

(※もちろんヘアカットも私がやっています)



と、私の夏休みの話はここまでにして…。


今回みなさんに、

より深―――――――――――く知って頂きたい小麦粉は、

キタノカオリ】です!


こちらもTOMIZでは人気のある小麦粉の1つで、

根強いファンもすでにいるかと思います。(私ですか?もちろんファンです。)


今回は

「もはや相棒です」というファンの方も、

「【キタノカオリ】って聞いたことあるけど何が良いのか分からない」という方も、

「【キタノカオリ】?初めて聞いたけど、人の名前ですか?」という方も、

「イマイチ他の小麦粉との使い分けが分からない…」という方も、


この記事を読めばキタノカオリを知り、

好きになってくれること間違いなし!

な、内容をお届けしていきますね!


キタノカオリ】は1987年に

国産小麦のお母さんとハンガリー小麦のお父さんの

交配がきっかけで生まれ、

その後16年間の品種開発を経て、

2003年に品種登録され、

私たちのもとに届くようになりました。


前回紹介した“あの小麦粉”もそうですが、

キタノカオリ】も比較的新しい小麦なんです。


なのにすでに人気とは…最近の小麦粉はどれも優秀だなぁと感じます。


主な作付地域は、岩見沢・芽室・旭川(東神楽/西神楽)などが有名ですね。




そして、【キタノカオリ】は秋に種をまくので、

いわゆる「秋まき小麦」と呼ばれています。

「秋まき小麦」というのは9月頃に種をまいて、

翌年の7月下旬~8月上旬頃に収穫する小麦のことをいいます。


ちなみに、【キタノカオリ】の名前の由来ですが、

「北海道のパンのよい香り」という意味が込められているんですよ^^♪


例えば、こんなレシピにも【キタノカオリ】を使うので、

ふんわりモチッとしているうえに、香りの良さもたまりませんね。


シュガーレーズンパン

いい香りがしそうですね♪

こちらもTOMIZレシピで紹介中です。


そんな【キタノカオリ】ですが、

一言で言わせて頂くと…


「特徴しかない小麦粉!!個性の塊のような小麦粉!!!」

です。(一言じゃないですね…二言になってしまいました…)


まず何と言っても、この色。

他の小麦粉が真っ白だとしたら、

キタノカオリ】はやや黄色味のある色(ほんのりやさしいクリーム色)をしています。

↑左が【キタノカオリ】です。ややクリーム色なのが分かりますね。

パンを焼いたとしてもどちらが【キタノカオリ】かは、一目瞭然です。

↑驚くことに、レシピは全く一緒です。

黄色い方にだけ卵を追加したりなどは一切していません!


「なぜクリーム色なの?」と聞かれてしまうと、

「そういう品種だから」という返答しか出来ず…。


そして、味。


他の小麦粉とは全然違う種類の「もちもち感」

噛めば噛む程、味が出てくる甘みが特徴です。


甘みも、乳製品を入れていなくても、乳製品的な甘さ…といいますか…

乳製品と相性の良さそうな甘みがあるところが特徴です。


正直、「一度は必ず使ってほしい」です!


実際に有名なパン屋さんでも愛用している方が多く、

今回は【キタノカオリ】を愛用していただいており、

私がいつも仲良くさせて頂いているあの

人気ベーカリーのシェフからコメントを頂きました!


そのお方とは…


パン好きのみなさんなら既にご存知のはず。

ブラフベーカリーの栄徳シェフです!

↑コメントをもらいに行ったときに撮らせて頂きました。

※もちろん本人OK済みです!


木下「栄徳シェフはご自身のパン屋でも

キタノカオリ】を使用していますが、ずばりどんな小麦粉だと思いますか?」


栄徳シェフ「口で説明するのは難しいですが、

食感としてもちっとしていて、フランスの小麦みたいな

麦の味がしっかりしている小麦粉だと思いますね。

実は、日本の小麦だとフランスの小麦程の麦の味を

表現するのにあんまり良いものがないんです。

キタノカオリ】は国産小麦だと

めずらしいくらい良い味が出ていると思います。」


木下「なるほど。確かに、小麦の味がしっかりしていますよね」


栄徳シェフ「そうですね。

“これ美味しいな~”と思うパンにはほとんどキタノカオリが入っています。

美味しさの骨格に使う小麦粉だと思います」


木下「ちなみに、栄徳シェフ的に【キタノカオリ

にしかない特徴ってどんなところだと思いますか?」


栄徳シェフ「文章で表現しづらいけど、やはり味なんですよね。

キタノカオリにしかない味があるので、是非、まずは食べてほしい。

キタノカオリは他の小麦粉の替わりがきかない。

たとえば、他の小麦粉はなくなったら

別の小麦粉で代替えをすることは出来るけど、

キタノカオリはなくなったら、そのパンを作ることを

やめなければいけないくらい、特徴的な小麦粉なんですよ。」


木下「なるほど…やはり、まずは食べてほしいですよね。」


栄徳シェフ、お忙しい中貴重なコメントを本当にありがとうございます。


その後もマニアックなお話を30分程していました…汗

今度パン買いに行きます。(いつも行ってますが…)


ここまでご紹介したとおり、

キタノカオリ】は本当に見た目も味も特徴的ですし、

もちっとした味わいは一度体験してしまうと

もうリピート確定な美味しさだと思います。


そんな【キタノカオリ】を使って

是非作って頂きたいレシピなのですが、

木下のおすすめレシピはこちら。


・食パン レシピはこちら

・バゲット レシピはこちら


繰り返しになってしまいますが、なおも繰り返します!

キタノカオリ】は、味が特徴なので是非作ってみてください。


ちなみに、個人的には【キタノカオリ】は食感がもちっとしているので、

何か具が乗っている(入っている)菓子パンよりも

シンプルなパンにオススメです。


「くちどけを良くしたい」「あっさりさせたい」というパンにはオススメしません。

(あくまで好みのお話ですよ!)


さらに、【キタノカオリ】はブレンドをしないで

100%【キタノカオリ】で作った方が

本来の美味しさが際立つ仕上がりになりますよ^^


さて、今回も大分好き勝手に話してしまった気がします笑

小麦粉はそれぞれに良いところがあるので、どれも捨てがたいですね♪


ここまで【キタノカオリ】の魅力をたくさんお伝えしましたが、

まだまだ話せる絶好調の木下です。


今回読んでくださっているみなさんにお伝えしたいことは1つ。

この記事を読んだうえで、是非

キタノカオリ】でパンを作って味わってみてください^^♪


みなさんの推し小麦粉になりますように…(木下の野望)


それでは今回はここまでです。


次回はバターブログですね。是非そちらもお楽しみに♪

TOMIZ BLOG -小麦粉・バターの品揃え日本一!-

お菓子/パンの材料・器具の専門店TOMIZ(富澤商店)がお送りする、 食材ブログ「TOMIZ BLOG」(通称とみログ)です。 TOMIZ・cuocaの人気商品、お菓子やパンレシピなどを随時お届け! 人気のCHIYODA型の開発情報も!?