コーンスターチと片栗粉の違いとは?

今回はお菓子のレシピによく登場する“コーンスターチ”の特徴と、

見た目もそっくりな片栗粉との違いについてお話していきたいと思います!


1)コーンスターチ

●原料:トウモロコシを原料とするでんぷん粉。

●用途・特徴:焼き菓子・揚げ衣を作る時に使用するのが一般的です。

       コーンスターチは小麦粉と違い、水を混ぜてもグルテンを形成しない

       ので、小麦粉の一部をコーンスターチに置き換えると、サクッと軽い食感に

       仕上がります。カスタードクリームはコーンスターチでとろみをつけるのが

       一般的です。

ひとことポイント!>>コーンスターチはデンプンのみでできているため、ケーキやクリームに入れるとなめらかに仕上がります。


・・・なるほど。お菓子作りだけに使えるという印象が強かったのですが、衣にも使えて

さらにサクッと仕上がるとは。。。使える幅が広がりそうですね。




ではつづいて、


2)片栗粉

●原料:じゃがいもを原料とするでんぷん粉。

●用途・特徴:片栗粉は温度が下がると粘度が低下してしまうため、あんかけや

    かきたま汁のような温かいまま食べる料理に適しています。

    片栗粉を使って揚げ物をすると、衣は白く、歯ごたえはカリッとした食感に

    仕上がります。また、時間が経ってもべたつきにくくなるのが特徴です。

    

ひとことポイント!>>片栗粉は加熱するとコーンスターチよりもとろみがつきやすく、

           透明になります。彩の邪魔をしないので料理にぴったり!

 

3)片栗粉でコーンスターチの

  代用は可能??

カスタードクリームなどは熱を加えることで固まりやすくなるため

コーンスターチを片栗粉で代用することは控えた方がよさそうです。

お菓子のパンケーキのような焼き菓子に、片栗粉を少量加える場合は

代用ができそうです。


さて、少しは違いがはっきりしたでしょうか??


最後にコーンスターチを使ってつくる

基本のカスタードクリームレシピをご紹介します!


カスタードクリーム

ふわっとかおるバニラビーンズと、クリーミーな食感がたまりません。


使用しているコーンスターチはこちら

コーンスターチ / 200g

カスタードクリーム以外にも、パンケーキなどの焼き菓子にもちろん使用できます◎

お菓子以外にも使えるので、常備しておくのもすすめです。



今回のコーンスターチと片栗粉の違い、いかがでしたでしょうか?

とみログではお菓子・パン作りに役立つ情報を毎週お届けしていきますので

ぜひ、次週もチェックしてみてください!






TOMIZ BLOG -小麦粉・バターの品揃え日本一!-

おかげさまで創業101周年。 お菓子/パンの材料・器具の専門店TOMIZ(富澤商店)がお送りする、 食材ブログ「TOMIZ BLOG」(通称とみログ)です。 TOMIZ・cuocaの人気商品、お菓子やパンレシピなどを随時お届け! 人気のCHIYODA型の開発情報も!?